2017年10月23日月曜日

Pardevalles Prieto Picudo2015

生産者/Pardevalles
エリア/Leon, Spain
品種/Prieto Picudo 100%
ランク/D.O.
輸入元/(株)稲葉
購入元/一里屋
価格/¥1,900円

美しいラベルに思わず手にとってみると、聞きなれない品種名。
プリエト・ピクード???
店主曰く、土着の種らしいとのこと。
さっそく味見です。

適温まで冷やして抜栓。
濃いめのルビー色。
エッジまできれいにルビー色だった。
果実味の強い甘い香りが立ち上がってくる。
追って、すっとした墨汁の香り・・・は、アルコール分かな?
口に含むと、独特な味!
スペインだけど、ガルナッチャともテンプラニーリョとも違う。
もっとハーブ系というか、微妙な薬草味を含んだ感じ。
スパイス感とはまた違った味がする。
テクスチャーはさらさらとしている。
酸味もバランスよく、するすると飲みやすい。
そして余韻もまた薬草味。
これ、どんな展開になるんだろう??

30分後。
香りはそれほど立ち上がってこない。
甘い香りはほどほどになってしまい、仁丹の香りが(笑)
味は、果実味がひろがってきて、ジャミーな感じになってきた。
でも、どこか薬草のような味・・・・・・あ、甘草!
そうだ、香りも味も甘草のニュアンスがある。
タンニンが顔を出してきたが、とげとげしさのない角の取れた感じ。
それを酸味がグイっと押してくるので、非常に飲みやすい。
薬草感て何だ? 何だ? と思っているうちに喉奥に消えていく。
余韻も、スパイス感を含んだ薬草風味。

1時間後。
甘い香りは静まりつつあり、樽の香りが強くなってきた。
いわゆるオーク系の樽の香り。
味は非常に練れてきた。
果実味が濃さを増し赤いベリー系のジャムっぽさがある。
だが、例の甘草がキリっと引き締めて、酸味がグイっと飲みやすさを加える。
きっと、この味が、この作り手さんが出したかった表情なのかも。


ということで、総じて・・・
好みは分かれますが、個性はあるが飲みやすいワインです。
はにかみながら、やっと本当の顔を見せてくれるまで1時間。
最初の強めの薬草味で、好みの篩にかけられてしまうかもしれません。
でも、追って様子を見ていると、後から立ち上がってくる強い果実味。
それを薬草味がバランスよくまとめているのが分かります。
それほど強く感じないながらもタンニンもそこそこある。
会話を楽しみながら、ゆっくりと肉料理を味わう場に向いていると思います。
最近トレンドの果実味、甘みですが、それをトレンドで終わらせない。
葡萄という植物の力だと気付かせるのが、薬草味でした。
シラー好きの私には、非常に説得力のあるテイスト。
初めての品種でしたが、個人的にはリピです。

2時間半後。
ジャムの香りを含んだ樽香がぐんぐん立ち上がってきた。
味は安定。
柔らかいスパイス感(甘草主体ってことです)と、果実味。
ゆっくり酔える、よいワインです。
肉のしぐれ煮なんかも合うと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿