2017年5月14日日曜日

Pipoli Aglianico del Vulture 2014

生産者/Vigneti del Vulture
エリア/Basilicata, Italia
品種/Aglianico 100%
ランク/D.O.C.
輸入元/(株)稲葉
購入元/一里屋
価格/¥1,900円


知人に「美味いよ」と教えられて、近くの酒屋さんで購入。
イタリア系、最近、変わってきた。
これも期待していいのか?

冷蔵庫で2時間ほど冷やしてから抜染。
色、濃いルビー色。
エッジぎりぎりまで濃いです。
香り、抜染してすぐに赤い実のジャムっぽさ。
大きくくゆらすと、フローラルな香りも出てくる。
味も、香りを膨らませるような甘さがある。
タンニンは結構強いと思うのだが、酸味が下支えしているので嫌味がない。
色のように、味も濃い。
色、香り、味に一体感があっていい。
どのように変わってくれるのでしょうか?

30分後。
樽香が立ち上がってきた。
ベリー系のジャムの香りもグイグイ出てきている。
味は、香りのイメージ通りの甘さが立ち上がってきた。
が、酸味がさらりと後押ししてイメージはフレッシュ。
そして、タンニンが長い余韻を残してくれている感じ。
実に、凝縮感、強し!

1時間後。
ジャミーな香りは控えめになって、樽の香りが第一印象に。
樽香を追って、若干のスパイシーさも。
なぜか、豆? コーヒーを炒った香りも(笑)。
味は、酸味と甘みが結合してカラメルになったような感じに(笑)。
タンニンも角がとれてまろやかに。
でも、結構強くて、歯に色素が残りそう(笑)。
味の要素の一体感が素晴らしい!
しかも、非常に濃い。
もちろん料理もあったほうがいいけど、ワインだけでも私は十分いける。

総じて・・・
凝縮されて、ギュッと固めて三位一体になったワイン。
酸味、甘み、タンニンのバランスが非常によい。
かつ、色、香りを裏切らない味で、イメージがどんどん広がっていく。
これで¥2000いかないなら、非常にコスパいいです。
確かにフルボディ。
あたりは柔らかい紳士だけど、実はガチムチの肉体派だったって感じ(*^^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿