2016年12月24日土曜日

Heritage 2013

生産者/Domain Santa Duc
エリア/Côtes du Rhône, France
品種/Grenache 30%, Syrah25%, Mourvèdre20%, Melot15%, Cabernet Sauvignon10%
ランク/ ―
輸入元/(株)稲葉
購入元/一里屋
価格/¥1,400円(税込)?(うろ覚え)


室内通常温度より少し低めで抜栓。
色、紫がかった深いルビー色。
香りは、まず最初に樽香。
甘い香りも一緒に立ち上がるが、いずれも強くはない。
口に含むと、結構タンニンが強いが、酸味がしっかりしているので嫌味がない。
まだ硬いものの、非常にバランスが良い。
ミディアムとあるが、フルを思わせるほど。
ゆっくり開かせたいので、しばし変化を追う。

30分後。
香りに大きな変化はない。
若干、煙草の香りが出てきて、くゆらせえると甘いジャム系の香りが一瞬ふわっと立つ。
口に含むと、ガルナッチャらしい酸味が活き活きとしてきた。
そこに若干の甘みとミネラル系の味が乗っている。
それが影響しているかは分からないが、香ばしい。
酸味がしっかりしているので、べたつかない香ばしさがあり美味い。
でも、ちょっと余韻が短いかなぁ・・・。

1時間後。
樽の香り全開!
かつ、グラスの上の方でジャム系の甘い香りも。
胡椒かな? スパイスの香りもある。
大きくくゆらせると甘い香りがたちあがってくる。
酸味がほどよく調教しているがタンニンが強く出てくるようになり、余韻もタンニンの印象。
バランスは悪くないが、タンニンと酸味が競うようになってしまった。
かなりワイルド系。
スパイスを利かせた肉などを合わせないと、ワインが辛い。
チーズじゃ負けちゃう。

総じて・・・
抜染してもすぐ飲めるワイン。
個人的には、甘さか、酸味か、どっちかはっきりしてくれ! と思いながら飲んだ(笑)。
ただミディアムといいつつ、アタックが強いワインなので、肉系料理と合わせて良し。
中盤は、チーズをつまみながら楽しくイケると思ったが、後半はワイン暴走。
チーズでは抑えきれないフルボディの感を見せた。
温度管理や抜栓からの時間など上手にコントロールすると楽しいワイン。
気楽に飲むにはポテンシャルが高すぎました。
それを考えると、コスパは大変に良いです。
フランスでの2013年は恵まれた天候でなかったことを考えると、お買い得ワインかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿