2016年12月8日木曜日

ALAMOS MALBEC 2015

購入元/品川紀伊國屋
価格/¥1,480(2016.12.7時点)



以前、購入したワインの年度違い。
前回のものは2011年。
http://easydailywine.blogspot.jp/2013/06/alamosmalbec2011.html

同生産者、同産地ゆえに、詳細を省く。


常温抜栓。
といっても、冬場の寒冷地なのでほどほどに適温。
2011年は、色は「えんじ」と言っていたが、
2015年は、濃いルビー色という感じ。
香り、スパイシー。胡椒の感じ、立ち上がり良し。
ジャムっぽい甘い香りもあるかな。
口に含むと・・・あんまりマルベックの甘みはないね。
以前よりタンニン強いかも。
2011年の記録だと、練れたタンニンを感じていた様子。
だけど、2015年はゴリッとした感じで、練れた感じはない。
抜染直後だし(^^;、様子を見ることに。

30分後。
香りは、抜栓時に比べ、煙草っぽさが加わった。
そこに、うっすら甘い香り。
味は、相変わらずタンニン強し。
ずっと舌に残るタンニンで、酸味で一掃されない。
口に含んだ一瞬は、わずかに甘さも感じられるが、余韻はざらついたタンニン。

1時間後。
変化見えず。
タンニンの強さばかりが残る。

総じて、マルベックらしいブドウの甘みが影を潜めてしまった感がある。
タンニンが強く、余韻にざらつき感ばかりが残る。
正直、2015年は残念でした。
2011は好印象だっただけに、残念度高し。

このワイナリー、ランク上のマルベックがあるのだが、¥2000超え。
このBlogの主旨にはそぐわず。
年度ってホントに大切。

0 件のコメント:

コメントを投稿