2014年9月23日火曜日

Gamma Organic Syrah Reserva

生産者/V.E.S.A
エリア/Rapel Valley, Chile
品種/Syrah 100%
ランク/Table wine
輸入元/(株)モトックス
購入元/ふじの
価格/¥1,000(2014.9.23時点)


チリ産のオーガニックワイン。
スクリューキャップながら、ポップ広告には「フルボディ」。
しかも店頭では、税込¥1,000。
その力量に興味をもって購入。

常温にて抜栓。
色はミチッと濃いルビー色。
鉛筆の芯のような揮発臭、胡椒のようなスパイス、奥から煮詰まった赤いベリーの香り。
樽のかおりかな? 木の匂いもする。
シラーだけあり、だんだんスパイスの香りが力強く立ち上がってくる。
口に含むと・・・ドロッと濃い! ドスコイ系です。
チリ産らしい、ミチミチとした凝縮感がある。
とにかく濃いんだが、タンニンが重ったるいわけではない。
酸味もあるが、刺々しくもない。
常温だし、まだ開けたばかりで眠たい感じ。
かなり期待できそうだが、まずはいったん冷やしてみよう。

15分後。
気が短いので、冷え切るのを待てずに2杯目突入。
ちょっとコーヒーの香りが出てきたが、アルコールが勝っていて、やはり鉛筆の芯の香り(笑)。
たぶん、これは樽の香りになるんだと思う。
追って、カシスかな? すっとした香りがあって、後にシラーのスパイシーさがゆっくり広がる。
グラスの上層部分は赤いベリー系のまったりとした香りがカバー。
味は、抜栓直後のドロッと感がなくなり、開放された酸味がさわやか。
しかし、タンニンはしっかり。
舌の上ではスパイシーなテイスト全開です。
でも、まだちょっと味が意地悪なんだよなぁ(笑)。
スパイス感で個性を主張するんだけど、喉元からは酸味が立ち上がってくる。
余韻は長いんだけど単調。
個性バラバラじゃなくて、もうちょっと味のバランスがほしいよな。
いったんグイッと味を落ち着かせる必要があるかも。
ということ、さらに冷やしてみよう。
2杯目グラス最後のあたりで、バニラ臭と炒って湯が通ったコーヒー豆の香りが強くあった。
これ、オーガニック系に多い香りだよね。
でもね、これらの香り、私の鼻じゃ普通のグラスだとだめなんだ。
リーデルグラスでほんと良かった。
 

40分後。
いいですねえ~、こりっとした甘味が見えてきました。
香りにも、味にも。
ただ、このワインは冷えすぎるとタンニンがにがにがしてくるのかな。
温度が上がってくると、タンニンも丸くなり、シラーのスパイス感をゆっくり味わえるようになる。
甘い香りとスパイス感がいい塩梅で広がりつつ、酸味が余韻を長く引っ張る感じ。

このワイン、オーガニック系に多い、土臭さもほとんどない。
だけど、ブドウの木の生の香りを上手に組み込んでいると思います。
温度変化のはしばしで、シラーの個性とオーガニックの生もの臭さが顔を出す。
それらのバランスを味わうワインでしょうか。
温度は、冷やしたところから、上がっていく過程を楽しむのがグーかしら。
合わせるなら、肉でも濃いソース系、まったりトマトソースの煮込みなんてのにも負けないかも。


翌日。
冷蔵庫から出し、冷えた状態で飲む。
当然、香りも味も硬いまま。
しばらくして温度が上がってくると、グラスからふわーっとコーヒーの香りが立ってきた。
若干ベリー系の甘さも含んでいる。
温度が緩くなるにつれ、スパイス感もはじけてきた。
珈琲の香りとあいまって、ビターチョコみたいだ。
味は、昨日よりタンニンがどっすり出てきた感じ。
肉がほしくなるぐらい。
初日よりもかなりしっかり感が出てきた気がします。
これがフルボディという所以でしょうか。
ただ、酸味よりもかなりタンニンが勝るので、いかつい味になった気もする。
このワイン、個人的には、一気に初日にワイワイあけてしまうほうが好き。

0 件のコメント:

コメントを投稿