2013年12月26日木曜日

CATANIA CRIANZA 2008

生産者/V.d.T. Valles de Sadacia
エリア/León, Spain
品種/Tempranillo100%
ランク/D.O.Ribera del Dyero
輸入元/(有)オーケストラ
購入元/(有)オーケストラ
価格/¥1,750(2013.12.21時点)

実はコレ、正価は¥2,500。
ラベルに傷ありで、安くなったものをゲット。
 
冷蔵庫から出した状態で抜栓。
瓶に小汗をかくほど冷やしてしまい、グラスに注げばうっすら雲がかかるほど。
ちょっと冷えすぎか?

色は濃いルビー色。
クランベリーを煮詰めた感じのドロっと凝縮感のある濃さだ。
香り。
グラスからは、いわゆる重たい黒ブドウの香り。
後から、やはり赤いベリー系の香りが追い掛けてくる。
味は・・・んーまだ硬いかなぁ。
とげとげしくはないが、タンニンがごわついている。
酸味もあるがフレッシュ感は弱く、喉元にひっかかるタンニンに負け気味。
ちょっと様子をみることに。

30分後。
緩んできた。
カシスの香りにバニラっぽさが加わってきて、活発に香りが立ち上がってくる。
? クリみたいなほっこりした香りと樹木の香りもあるが、気のせい??
実に元気だ(笑)。
味は、酸味がフワーッと広がるようになった。
華やかさを感じる酸味だ。
ごわついていたタンニンも、サラサラとした穏やかさが出てきている。
ミネラル感も十分にあると思うが、コントレックスぽいぞ。
要するに、まだ硬い。
熟成が深く味が開くのが遅いのと、冷蔵庫で冷やしすぎたからかな。
これは長期戦だ(笑)!

1時間後。
やーーっと素顔を見せてくれました。
熟女って感じの、艶と重たい華やぎのあるワイン。
なんだか、色も少し濃くなった気もする。
甘さを感じさせるバニラ臭を含んだ黒いベリー系の香りを追ってスパイス感がある。
タンニンと酸味のバランスも非常に良くなって、重たいんだけどスムースで軽い。
温度が上がってきたら、ビターチョコみたいなコクも出てきた!
これはウマイぞ!
一口飲むごとに、手練手管にたけたオネーさんにキュッとネクタイ絞られる。
時間はかかるけど、口説くと大人の色香が味わえる。
そんな熟女系ワインです(*^。^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿