2013年11月30日土曜日

QUINTA LAS CABRAS Cabernet Sauvignon 2012

生産者/QUINTA LAS CABRAS
エリア/Chile Cachapal Valleey
品種/Cabernet Sauvignon
ランク/―
輸入元/東亜商事
購入元/セブン・イレブン
価格/¥500(2013.11.29時点)
仕事終了が終電ギリギリ。
スーパーは閉店、飲み屋もL.O.終了。
でも、なんとしてでも飲みたい!
ということで、コンビニで買った1コイン・ワイン。

常温にて抜栓。
色は濃いルビーいろ。ドロっとした感じ。
香りは、よくあるカベルネ臭。
なめし皮のような野性味を感じさせ、追って樽っぽい感じ。
インクと若干カシスのような香りもある。
一口含んでみると、酸味もあるけど、カベルネのタンニンがあまり感じられない。
そして水っぽい。
んー、ちょっと時間置いてみたほうがいいかな^_^;

30分後。
タンニンは弱い。
逆に酸味が際立ってきちゃったよ。
ボトルからはチョコレートっぽい甘さを含んだ香りもするのに、グラスに移すと弱いんだよね。
カシス系の香りに負けてしまう。
そして、水っぽい。
常温抜栓時から大きく変化もなく、一定のテイストを保っている。
逆に考えれば、テーブル・ワインとしては、食事を邪魔しない安定した味ともいえる。
ラザーニャなど、油っこい料理に合わせるとサッパリ感があるかも。

とにかく、悪いとも言えず、良いとも言えず。
でも、1コインなりの味を長くキープしている。
あー、コレ、いったんグイッと冷やしてから変化を追ったほうがいいかな。
ということで出直しワインです。
それにも十分耐えるきがするので、コスパは悪くないよね。


【追記】
翌日。
冷蔵庫から取り出して、再開封。
昨日よりずっと飲みやすくなっている。
ミント臭と若干はっかのような香りもする。
ボトル裏に『チョコレート』の香りもあるように記載があるが、それは感じられないが・・・。
昨日も思ったのだが、微妙に舌の上でサラサラする感じがある。
チョコレートってこれのことかな?
味は、タンニンが顔を出してきていて、酸味が落ち着いてきた。
思ったよりも低い温度のほうが、水っぽさがなくなって飲みやすくなるようだ。
温度、大事だね。

★コレ飲むと頭痛くなる。私には合わないワイン(-_-;)

0 件のコメント:

コメントを投稿