2013年8月18日日曜日

ADEGO DO MOLEIRO

CAMPO ARRIBA 2011
生産者/SANTOS&SANTOS
エリア/ポルトガル Lisboa
品種/Syrah40%+Caladoc30%+Aragonez30%
輸入元/モトックス
購入元/ふじの(多摩区)
価格/¥700(2013.8.17時点)
ボトル裏の「コストパフォーマンスに優れた赤ワイン」というコメントで購入。
冷蔵庫から出して、やや常温に戻しつつある状態で抜栓。
色は、温かみのある柔らかいガーネット。
香りは、キャベツの芯のような発酵臭がまず立ち上がってくる。
これ、珍しいかも。
味は、フレッシュでスパイシー。
その中に、ブドウらしい甘さがありジューシー。
んー、でも後味に酸味が残るのは抜栓直後だからか?
タンニンもやや舌に残る。
もうちょっと温度が上がれば、バランスに期待できそうだ。

30分後。
キャベツ芯の香りが消えてきた。
個人的には、この発酵臭好きなので残念。
変わって、ブドウのフルーティな香りが立ち上がってくる。
さらに、カシスの香りが追ってくる。
若干、チョコレートのような香りが見え隠れ。
酸味とタンニンのとげとげしさも落ち着いてきた。
スパイシー感が口に広がりながら、後から甘味が追ってくる感じ。
わずかにバニラのような感じもある。
シラーらしいタンニンの重とスパイシーさは、私好み。
が、酸味が程よく生きているので、テイストは非常にはつらつとしている。
この味の複雑さが¥700って、スゴクね?
確かに、デイリーワインとしては非常にコスパの良いワイン。
これは店で見つけたら即買いですな(笑)。

今回、珍しくポルトガルのワイン。
しかも、あまり聞きなれない品種を使ったもの。
まだまだ勉強することいっぱいあるな。

0 件のコメント:

コメントを投稿