2013年7月27日土曜日

Frederic Roger COLLECTION SYRAH 2009

Frederic Roger COLLECTION SYRAH 2009
生産者/Frederic Roger
エリア/Le Languedoc, France
品種/SYRAH 100%
格付け/Vin de pays d'Oc (Geographique protegee)
輸入元/東栄貿易(株)
購入元/ふじの(多摩区)
価格/¥950(2013.7.26時点)
ふらっと寄った地元の酒屋で購入。
そのまま、常温で抜栓。
色はガーネット。
樽の香りとともに、キャベツの芯の香りがする(笑)。
生々しい大地の香りという感じの、ビオワインによくある香り。
シラー100だし、これは重めかな? と思いきや、案外サラリとしていて飲みやすい。
酒屋が「ミディアム」と言っていたのも頷ける。
ただねえ、最初、ちょっと埃っぽいのよ。
まあ、それはそれでビオワインの一つの特徴でもあるけど、ちょっとつっかかる。
そこで、カマンベール登場。
口のほうを練れた感じにさせると、実に口当たりがやわらかく、フルーティなワイン!
2009年にして、シラーの重さよりも、ブドウの活き活きとしたフレッシュさを感じる。

30分後、香りはボールペンのような揮発性のものが加わる。
シラーのスパイス感と渋みも強くなってきた。
コクのあるチーズなどと一緒がいいかも。
適度な酸もあり、シラーのスパイス感と重さもあり、そのバランスが良い。
料理と一緒に飲む地酒ワインとしたら、かなり上出来。

以前、ワインはドスコイ系のかなり濃くて渋みの強いものが好きだった。
でも、いろいろ飲むうち、ブドウの特徴それぞれのワインの楽しみ方がわかってきた気がする。
渋みが濃いだけじゃなく、香りがよいとか、カラメルのような甘さがあるとか。
因みに、今回のワインはワインコンクール金賞。
金賞に美味いワイン無しと思っていたけど、地酒というランクを考えると、かなりイイ線いってるワインだと思う。
鶏肉の香草焼きとかラタトューユなど、南仏家庭料理に合わせて飲みたいワインです。


0 件のコメント:

コメントを投稿