2013年6月25日火曜日

Feudo Arancio Cantodoro 2010

Feudo Arancio Cantodoro 2010
生産者/Feudo Arancio
エリア/Italia Sicilia(ラグーザ地区・サンブーカ地区)
品種/Nero  D'Avola 80%+Cabernet Sauvignon20%
格付け/IGT
輸入元/モトックス
購入元/ふじの(多摩区)
価格/¥1,450(2013.6.25時点)
近所の酒屋で思わずラベル買いしたワイン。
顔は、ロミオとジュリエットの愛をうたった楽譜の一部。


そして、シールにも三連符という、イタリアらしい、かわいいこだわりが見えたから。
常温にて抜栓。
色は、紫がかった深いえんじ色。
ガーネットというのが、この色だと思う。
香りは、オーク樽と、プルーンと、ボールペンと、胡椒のようなスパイス(笑)。
要するに、非常に複雑。
とにかく凝縮されている感がある。
フルボディとあるが、味は非常に軽やかでスムースで、ガッツリ重たい気はしない。
酸味もこなれていて、口当たりが柔らかく飲みやすい。
 
30分後、ますますスパイシー!
バリック熟成というだけあって、胡椒系の香りが強くなってきた。
喉元を下りるときギュワッとブドウと黒コショウの味が広がりる。
その後、その味がおさまりながらスパイシーさが残る、余韻の長いワイン。
相変わらずタンニンを強く感じず、さわやかな生きた酸味があるのでジューシー。
 
さらに時間を置くと、かなり凝縮された果実味感が加わってきた。
でも、以前のスパイシー感はずっとキープのまま。
味が変化していくというより、凝縮されていた味が少しずつ顔を出してくる感じ。
シチリア特産ネロ・ダーヴォラが、がっちり力強さが底支えしてるのかな。
できれば、チーズを使ったパスタを合わせたら美味しいだろうな。
レストランでいう、4種のチーズを使ったパスタ(*^。^*)
なお、カラッと晴れた日に表にテーブルを出して遅めのランチを大勢で囲むシチュエーションが非常に似合う。
いかにも南イタリア、シチリアならではのワインだ。
 
イタリアらしい、ドスコイではない、エレガントなフルボディが長く楽しめるワインでした。
 
 
ここのワイナリー、聞き覚えがある・・・。
と、思ったら、以前に紹介した『Nero D'Avola 2011』と同じ生産者だったのね!
 
 
【追記】
翌日もまったく味は衰えず。
かえって、酸味が練れてきた感じで飲みやすい。
香りに、ミント臭が加わった。
スパイシーで、さわやかで、ジューシーで、もう言うことなしのワインになってた(*^。^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿